Other blogs その他のブログ

Save Kids Japan http://savekidsjapan.blogspot.jp/ 竹野内真理ファイルMari Takenouchi Files http://takenouchimari.blogspot.jp/Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2013年9月27日金曜日

驚愕!白血病の被曝1~2年後の発症機構を研究したエートス伴信彦教授(buvery)所属している、東京医療保健大学理事長様、学長様へ


公開質問をしてから、3か月近くたちましたので、理事長と学長宛てに手紙を出しました。


東京医療保健大学

田村哲夫理事長殿

木村哲学長殿

平成25919
前略

私は放射線問題の海外の本を翻訳しておりますジャーナリストの竹野内真理と申します。(僭越ながら、私の拙著2冊を同封させていただきます。)

著者注:お送りした本は『人間と環境への低レベル放射能の脅威』一冊です。すみません、2冊目を入れようとしたらメール便で厚さがオーバー、結局『人間と環境』一冊にしました。手紙で訂正するのを忘れてしまいましてすみません。学長さんと理事長さんが探しているかも。。。

 


↑(ブログ読者の方へ注釈)この本は事故前から翻訳していたもので、かなりの自信作です。推進側の刊行物の引用も多数あり、他に類のない書物。トリチウムの危険性についてもきちんと記述。まえがきは被曝で体調の悪い中、必死の思いで書きました。
まえがき:http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/httpsatehate.html
内容の要旨:http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/02/blog-post_7824.html




 
↑(再び読者の方へ注釈)2冊目で入れたかったのが、こちら。あとがきを竹野内が書かせてもらいました。あまり言われなくなってしまった東京の初期被曝の問題の数値や、山下が過去に行ってきたチェルノブイリの研究、食品基準値問題など入り、今読んでも自信作。安いですし(760円)、あとがきはたった15ページなので是非お読みください。

前置き長くて、ごめんなさい!
ここから手紙が始まります!
 

突然のお手紙をお許しください。

私は、田村理事長殿のホームページ上のメッセージにあります

この大学で育成するのは「医療」に携わる人間です。医療に携わる者にとって一番大切なことは「生命への畏敬の念」です。人の生命をいとおしみ、敬う心です。この気持ちなくして高邁な知識も高度な技術も人のために役立たせることはできません。という御言葉、

また、木村哲学長のチーム医療の中で大切なのは高い専門性と患者さんを思う温かい心です。本学はその両者を兼ね備え、多様な患者さんの人生観や価値観を尊重できる医療人になって頂くことを目指しています。心が温かく、現場に根付いたプロの医療人になって下さい。」と言う御言葉にも深く感銘し、同意するものであります。

 

そしてたいへん申し上げにくい事なのでありますが、本日はお話ししなければならないことがございます。それは貴大学の伴信彦教授が、学術的には優秀な方かもしれませんが、人間として、理事長および学長の理念とする人物像からあまりにもかけ離れているのではないかという懸念です。

実は伴信彦教授のお話は、既に7月初めに、貴大学の人事課のアサイ氏に電話では話をし、大学側にお伝えいただけるようにお願いしてあったのですが、2か月以上お返事がないところ、問題が改善されないところを見て、お話が上層部にまでは届いていないのかもしれないと気づきました。

(著者注:例えば9月1日にも相変わらずbuveryは私をデマリンと呼んでいる。


buvery@buvery 9月1日

子供を嬲るデマリンのまとめ。 )
 

 

そこで書面にて、もう一度以下の2点の質問をさせていただきます。

 

1.     貴大学の伴信彦・看護学科教授ですが、ツイッター上で@buveryのニックネームで以前から、ずっと私(竹野内真理@mariscontact)はデマリンと呼ばれ続けています。私はフリーランスで被曝問題の翻訳をやっており3冊の海外の本も出版、福島事故後から「汚染地帯の子供たちは逃がすべきである」と警告を発信しているのですが、伴信彦教授は私のことをデマリンと誹謗中傷し、信頼性を傷つけようとしています。
本人には、何度も「デマリンと呼ぶのは失礼である」と注意を即していますが、いまだに呼び続けており、シングルマザーで定期的な収入もなく、自分の翻訳本や執筆等で生計を立てている私としては、非常に迷惑な行為であり、看過できる問題ではありません。大学側としての見解をいただきたいです。

2.     2番目の論点は、1番目と比較にならない大事な論点です。現在、福島では小児甲状腺がん及び疑いが44人も見つかるという緊急事態にあるにもかかわらず、この@buveryこと、伴信彦教授は、いまだ安全論をふりまいています。
そしてエートスという汚染地帯の住民が、自発的に放射線量を測定したり、被曝線量を低減する方法を模索するなど、チェルノブイリ事故後ベラルーシで行われた、一見よく聞こえる政策を応援し、福島で行っています。
 しかし、このエートスという政策は、チェルノブイリ後、なんと原子力推進組織であるアレバ社などが資金提供を行い、ジャック・ロシャールという人がリーダーとなって、ベラルーシで行った結果、健康な子供が2割を切ってしまったというとんでもない政策です。ロシャール氏はこの7月67日を含め、福島のエートスとも共同し、何度も来日しています。

このことについては、元WTOのミッシェル・フェルネックス医学博士が大々的に反対運動をしており、来日時、私は博士の通訳もさせてもらったこともあり、先日は欧州に博士を訪問させてもらいました。
お時間のある時にこちらの50分ほどの動画をご覧ください。チェルノブイリの子供たちの被害と、上記のフェルネックス博士が出てくる全国民必見の動画です。(お時間のある時にぜひ初めから最後までご覧ください)
http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI

ちなみにこの動画の12分くらいで出てくるIAEAのゴンザレス博士と伴信彦教授はつながっており、事故前に記念撮影した写真もあります。




 

フェルネックス博士のエートス批判の8分ほどの動画はこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=2_oKtjnh52c&feature=yout

 

以下は竹野内が書きましたチェルノブイリと福島のエートスについての日英の解説文です。私はこの書簡を、IAEAを含む国連の各部署に送りましたが、いまだに反論はひとつも来ていません。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_8310.html

伴信彦教授は、ベラルーシで子供の健康を害したことが知られているエートスを、福島で推進しているメンバーの一人で、エートスのテキストもbuveryの名前で書いているのです。講演会では、もちろんご本人の名前を使いますが、ネット上ではbuveryという名でエートスの作業や、1に述べたツイッターでのエートス拡散やエートスを支持しない人々への誹謗中傷をしつこく行っているわけです。

 

ところが、つい先日、伴信彦氏は、実は「放射線による白血病の発症機構」という重大な論文を数年前に自ら書いていたことを知りました。それによれば、マウスを使った放射線の実験で、2番染色体上のSfpi1遺伝子が傷つき、同時に造血幹細胞が老化するという、遺伝子レベル、血液細胞レベルでの異変により、1~2年目くらいからマウスが白血病を発症するというメカニズムまでつきとめていたのです!!!

 

伴信彦氏の論文
http://www.oita-nhs.ac.jp/member/cat5_top/cat193/cat351/post_20.html

http://www.labome.org/expert/japan/oita/ban/nobuhiko-ban-572788.html


このような重大な放射線による白血病発症のメカニズムについての論文を書いていながら、一方で汚染地帯に子供まで含んだ住民を居続けてよいものとするエートスを賛同する姿勢は倫理的に許されるものではないと思います。これは1の問題とは比較にならない、多くの住民の命と健康にかかわる問題です。

 

実は、私のもとには、去年の秋くらいには既に、福島で幼いご兄弟を持つ母親の知人から、「同時期に兄弟とも白血病にかかり、母親が錯乱状態にある」という話も聞いたことがあります。同じ幼子を持つ母として、本当に心が痛み、すぐに日本医師会に電話してその旨を伝え、子供たちが避難できるように勧告してほしいと頼んだら、「子供への低線量被曝影響に関する医師会の意見は、20143月にまとめる予定です」という回答でした。なんと悠長なことなのでしょう。

 

一方、私の元には、ドイツに住む知人から、IPPNW(核戦争防止国際医師会議、1985年ノーベル平和賞受賞)のドイツ支部が、ベラルーシで実は事故の翌年、33%もの白血病の増加があったという報告を頂いています。そして事故から4年後から5年後には、152%もの増加があったというのです。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/05/198733199019921152.html

伴教授がマウスで確かめた、被曝後12年後で白血病が発生するという現象は、人間でもチェルノブイリ後に観察されていたのです!

 

悲しいことに、事故後日本政府は、福島県と宮城県の一部で白血病の統計を取るのを停止してしまいました。

これは、12年後で増加することを予測し、原子力推進の政府が、政府や電力会社の責任を回避するために行われた可能性もあります。それを指摘する医学者が日本国内にはおらず、海外からだけであることは残念でなりません。

 

2番目の質問を端的に繰り返させていただきます。「白血病がマウスでは12年後に発症するメカニズムの論文を以前に書きながら、福島は安全であるといい、福島で生活することを推奨するエートスで主要な役割を演じている」伴信彦教授に関し、貴大学はどのような見解をお持ちですか?

 

お忙しいところ、大変申し訳ございませんが、私はこの問題は、個人的な問題を超越し、汚染地帯に住む子供たちの将来にも関わる重大な社会問題であるともとらえております。

 

どうか、この書簡へのご回答を私のメール、mariscontact@gmail.comまで頂ければと思います。(大変申し訳ないのですが、私は去年の夏からエートスに反対していましたら、ネット上での脅迫や、酷いときには近所に不審人物が現れ、2歳の子供まで近づかれたことがあり、住所を一切外部に公表しないことにしています。お許しください。)

 

早々

竹野内真理、翻訳者、ジャーナリスト

 

2013年9月24日火曜日

福島の方がローカルTV局TUFの大森真氏にとうとう公開質問!A Concerned Fukushima citizen questioned Mr. Omori, TUF news chief

皆さま、嬉しいメールを福島県二本松市在住の田口茂さんから頂きました。

田口さんとは、以前に医師の木村ともさんの呼びかけで、共同で、福島の人体実験とも取れるホールボディーカウンター研究を進めている、東大の早野氏、上氏、坪倉氏に公開質問をさせていただいた仲間です。
http://blog.livedoor.jp/medicalsolutions/archives/51984809.html


田口さんは県内で名門の県立福島高校卒業生です。そして今回、田口さんが、たった一人で、TUF編集局長、大森真氏に果敢に挑んでいる姿に胸打たれております。



というのは、大森真氏と福島高校については、私は以前からとても注目していました。
 
事故があった2011年、全校生徒959人の福島高校で、悲しくも2人もの学生が亡くなられました。一人は病死、一人は突然死でした。

ところが、TVユー福島の大森真編集局長が、騒ぎを鎮静化するため、なんと自らのツイッターで、一人は交通事故死であったとウソの情報を流したのです。
 
TUF編集局長、大森真氏のツイッター
tps://twitter.com/yard_1957/status/176841532408725504
 
その後、私は福島高校に電話をかけ、教頭先生に確認したら、一人は病死、一人は自宅での突然死。
 
なのに、突然死の方を、「交通事故死」と大森はして、健康被害についての噂の火消しに回ったのです。
 
TUFの総務部に電話を掛けたら、その事実を認めるも、なんと、
 
「編集局長のツイッター上の話で、TV報道していないから、訂正・謝罪はしない」
 
というのです!とんでもない詭弁です!!
 
そして今や福島高校では、事故のあった年の2人の死亡に加え、今は甲状腺がんの生徒が2人も出ています!
 
人命救助は一つの報道の役目だと思いますが、なんとこのTUFの編集局長、大森氏は、事実を歪曲してまで放射能被害についての人々の不安の火消しに回り、いまだにストレスばかりを言っている。(下記の大森氏からのふざけた回答をご覧ください!)私から見れば犯罪的だと思います。

(ちなみにこの大森氏@yard_1957は、エートスの@buveryこと、伴信彦東京医療保健大学教授とも仲良しです。伴教授のページも人気ページにありますので、ぜひご覧ください。まさしく「類は友を呼ぶ」です!)
 
とにかく、このような報道人を許してはなりません。そして福島の方が立ち上がる事こそが、一番の力です。
 
 
田口さんのような、福島県民がどんどん現れることを期待しています。
 
 
以下田口さんからのメールを転載*********
 
 
みなさま
 
 
福島県内のローカルTV局5社の内の一つである、テレビユー福島(TUF)が
東大・早野教授と福島医大の宮崎教授の対談方式の公開講座福島市にて
開催、主催;TUF)を収録した録画を23日 AM1:45~4:30に放映する
事になっています
以下は過去に放送されたもの
 
TUFの番組責任者宛てに、先日みなさまが寄せていただいた反論文を送付した
ところ、大森編集局長(公開討論会の司会を行い、企画責任者)から以下の
回答が届きました。
その回答に関し、小生から更なる質問(以下)をして、回答を求めているところです。
 
みなさまからもコメントやご教授を頂ければ幸甚です。
 
 
二本松市 田口 茂
 
 
 
ーーーーーーーー小生からの再質問ーーーーー
 
 
TUF
  大森編集局長殿
    cc松浦報道部長殿


迅速なコメントありがとうございます。


『現状の放射線による県民の被ばく(外部・内部、さらに判明している限りでの甲状腺等価線量等)
によるリスクと放射線に対する不安からくるストレスやうつ病・生活習慣病の増加のリスクを比較
した場合、後者によるリスクの方が高いと私どもは考えております。』とありますが、以下について
更にご説明いただければ幸甚です。

①上記の根拠とする(文献は情報源等)ところは何かを教えてください。
②44名もの甲状腺がん患者(疑わしき患者も含め)が出たことをどうとらえているでしょうか?
③県内でも心臓疾患、膀胱炎等が多発している現状をどうとらえているのでしょうか?

④福島県民の健康リスク管理をどう捉えているのでしょうか?福島県民はモルモットでは
 ありません。
⑤ICRPは内部被ばくの議論(研究)を中止した経緯があり、内部被ばくのベクレルから
 実効預託線量Svへの換算係数はECRRの1/50~1/100と矮小化している。
又、ICRPの等価線量と甲状腺がんの罹患比率も実際の1/2に意図的にしたとのNHKの
取材で明らかとなった。ICRPを信頼する根拠は何でしょうか?


⑥御社の目的や意図する所は何か?
⑦現在、東電や国に対し訴訟を起こしている人たち(年間1mSvを根拠に)に対し、御社の
放映はこれらの福島県民の足を引っ張る行為にならないでしょうか
⑧3σといった統計的処理を問題にしている訳ではありません。
彼らのやった臨床試験やデータだけで、内部被ばくが無かったとは言い切れない
技術的な問題があると言っているわけです。もう一度送付した反論文をお読み
ください。


⑨以下の反論文に対しどのような見解をお持ちでしょうか?
http://blog.livedoor.jp/medicalsolutions/archives/51999045.html

⑩国内で多くの反論がでている中(以下)で、被害者の多い、福島県内で早野教授の説を
いかにも正しいとして現時点で県民に植え付けるのは如何なものでしょうか?
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fmedicalsolutions%2Farchives%2F51999045.html

⑩御社への不信感を持っている県民や国民がいるが、この方達 へのコメント・ご意見は?
⑪これ以上の被害を出したくないとの意図・目的とすれば、現時点で(健康被害は現在進行形であり
その原因や結果が現時点で明確にでていない時点での)安全神話を県民に植え付ける事は、かえ
って被害を大きくさせてしまう恐れがあります。

以上の質問等についてのご意見を聞かせていただければ幸甚です。


二本松市 田口



ーーーーーーーーーーーTFUの責任者・大森編集局長からのメールーーーーーーーーーーーー

田口さま

ご意見ありがとうございます。
テレビユー福島報道局長の大森と申します。

現状の放射線による県民の被ばく(外部・内部、さらに判明している限りでの甲状腺等価線量等)によるリスクと
放射線に対する不安からくるストレスやうつ病・生活習慣病の増加のリスクを比較した場合、
後者によるリスクの方が高いと私どもは考えております。
これはICRPに拠るものだけでなく、ECRRやバンダジェフスキー博士の説にあてはめてもそうだと考えます
田口さまの反論も拝読させていただきましたが、検出限界を3σでとった上で検出者がいないと言うことは、
統計的に考えて「検出限界ギリギリ」と言う子が多いことは考えられず、実際の内部被ばくは桁が下だと考えます)。

私どもは甚大な被害を及ぼした震災・原発事故によるこれ以上の被害者を出したくない、との思いで
報道にあたっております。

また、これと国や東電の責任問題は別です。
この事故の原因は両者にあることは明白であり、責任があります。
この点はひるむことなく報道して行く所存です。
さきほどの「ストレス」についても、「福島にいること自体」が生命にかかわるようなストレスになる方には
国が責任を持って対処していくべきと考えます。

よろしくお願いいたします。

********

テレビユー福島報道局
大森 真
〒960-8531 福島市西中央1-1
Tel:024-531-8511
FAX:024-531-2237
E-mail:
m-omori@tuf.co.jp

 
 
 
 -------TUFに出した最初もメールーーーーーーーーー
 
TUF松浦報道部長殿
  cc大森報道局長殿
 
 
 
先ほどTELした二本松市の田口と申します。
 
御社の公開講座とTV番組で取り上げた(予定も含め)、東大・早野教授達の
内部被ばくに関し、内部被ばくに関する専門家(小生も含む)の反論文を
送付いたします。
 
御社のこの番組放送の目的への疑問、そして何よりも現在、東電や国
と裁判で闘っている福島県民の足を引っ張る行為であると考えます
 
添付の論文を検証いただき、御社として放送のあり方の再考をお願い
するものです。
福島県や福島医大への不信感は多くの県民そして国民が抱いており
そして、これを助長する御社のTV番組に対する不信感も多くの県民が
抱いているところです。



内部被曝の実態について『福島県民の内部被ばくは無かった』とする
東大の早野教授達ら論文に対し、内部被ばくを研究している、医師や
科学者、ジャーナリスト、そして二本松市民(田口 茂)らの反論文を
送付(添付)いたします。
福島県や他の市町村が実施しているWBC検査にも当てはまる事で
あります。


ふくしまの子ども達や県民の健康と命を守る為に、御社として、これらの

報道はどうあるべきかを検証し、再考していただきたくお願いいたします。

 
尚、本件に関し、意見交換やご説明に上がる事も可能です。


小生の以下のブログにも記載しています。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-06-02

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-06-03
以上よろしくお願いいたします。

二本松市 田口