Other blogs その他のブログ

Save Kids Japan http://savekidsjapan.blogspot.jp/ 竹野内真理ファイルMari Takenouchi Files http://takenouchimari.blogspot.jp/Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2013年7月5日金曜日

東京医療保健大学へ伴信彦教授(buvery)の素行について公開質問Question to Prof. Nobuhiko Ban at Tokyo Healthcare University

2014年8月3日追記

現在、私のアパートまでネットで拡散する人々が現れ、大変なストレスと迷惑をこうむっています。複数の捜査機関(もちろんすべて国の下部組織)に相談をしていますが、どうやら白血病の問題は触れられたくないらしく、不自然なくらいに「いろいろな考え方があるので、白血病の問題には関与できません」と強く言われます。

将来の子供たちの命と健康が直接関わっているのに、「ただの考え方」で片づけられて良いのでしょうか?

私は福島の検事さんに、今後ともエートスに反対することは結構であると言われています。私は命と健康問題があるからこそエートスに反対しているのであり、白血病を国の諸機関が避けると言うのであれば、一人で弾圧を受けながらでも主張していく所存です。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/01/blog-post.html

2014年6月30日追記

竹野内の刑事告訴のきっかけは全く関係のない、伴信彦教授の件だと言われております。
エートス側の人の内部告発で伴氏の名前は聞き、また学校側から全く否定するコメントがありません。buvery=伴信彦教授を示すこの最重要のツイートは、元ツイートが削除されているそうです。でもこれが証拠。http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/kate_ono9/status/321513946949492736

ちなみに事故直後は伴信彦教授もこんなまっとうなツイートをしており、わかっていてエートスに協力しているのです。

事故直後はこんなツイートもあったのに。。。
buvery @buvery 2011年3月28日
今回の事故は短期で解決できません。『屋内退避』は『棄民』を体よく言っただけです。早く組織的な疎開を。:「汚染地扱い」されて「陸の孤島」 http://news.livedoor.com/article/detail/5446539/


2014年に入り、刑事告訴受理の知らせを受け、福島県警と検察がなんと福島から沖縄まで税金を使い派遣されました。

シングルマザーの私としては本当に神経をすり減らしましたし、今も安東氏追従のネットの嫌がらせ者からの嫌がらせが絶えません。ストレスに弱い橋本病もわずらっていることが判明したのですが、これらのストレスもあり、今も体調が思わしくありません。

(私はこの恨みを決して忘れません。死ぬまでこの問題を追及します。死んでも追及するくらいの意気込みです。)

警察の方は私の話を聞いた後、「竹野内さんを尊敬します。私の人生の先生です」とまでおっしゃってくださり、良い調書を書いてくださいましたが、検察の方はとても丁重であったのですが、結局、安東氏の主張も受け入れ、起訴猶予としました。

甲状腺がんの子供が89人も出て、そのほとんどがリンパ節または肺に転移しているときに、私は国が何を意図しているのか、理解できません。

起訴猶予後、鎌田陽子氏は竹野内を犯罪者として大拡散し、友人の反原発連合の野間氏とツイートで会話、野間氏はこの結果の翌日に「竹野内を告訴します」と脅迫しています。2012年夏、私がエートスに対して批判し始めた後も、この人物は「居所のわかる奴から処分しよう、竹野内真理とか」と発言しており、エートスという団体は本当におかしな団体であると感じています。

今後海外の弁護士に相談するつもりでおります。

****************

2013年7月のブログより

まず初めに、(おかしなことに竹野内を警察に訴えるとツイッターで言っている)エートスの伴信彦教授と鎌田陽子さんへ

To leaders of ETHOS, Mr. Nobuhiko Ban and Ms. Yoko Kamata who, on twitter, talked about sueing me who has been opposing to ETHOS program.


南相馬で頭が二つの子供が生まれ、亡くなられたそうです。甲状腺がんが27人になったのは周知のとおり。いい加減、エートスなどという子供や赤ん坊を犠牲にするプログラムを中止し、福島県民に移住を即してください

 

A baby with two heads was reportedly born and died in Minamisouma.  Also, you know there are already 27 thyroid cancer kids in Fukushima.  Please immediately withdraw from ETHOS program that damages the health and lives of children and babies and do recommend residents to evacuate in stead.

 

****************

 
東京医療保健大学の総務人事課のアサイさんに、下記の2点について、先ほどお電話させていただきました。ご回答いただけるかどうかは今のところ分からないが、電話の内容は、伴信彦教授と大学側に伝えていただくことを約束いただきました。

On July 5th 2013,  I made a phone call to Mr. Asai from Management and Personnel Section at Tokyo Healthcare University on the following two points.  He was not sure whether I could get any reply, but he promised me to convey my message both to Professor Ban and the University.

1.貴大学の伴信彦・看護学科教授ですが、インターネット上で@buveryのニックネームで以前から、ずっと私(竹野内真理)はデマリンと呼ばれ続けています。私はフリーランスで被曝問題の翻訳をやっており3冊の海外の本も出版、福島事故後から「汚染地帯の子供たちは逃がすべきである」と警告を発信しているのですが、伴信彦教授は私のことをデマリンと誹謗中傷し、信頼性を傷つけようとしています。

Professor Nobuhiko Ban (Tokyo Healthcare University Nursing Department) has been calling me "DEMARIN" (coined word from Dema=demagogy + Mari=my first name) on twitter.  I am a freelance translator who released three radiation exposured related books from overseas and I have been calling for children's evacuation since the Fukushima accident, and Professor Ban has been slandering me trying to degrade my credibility.

本人には、何度も「デマリンと呼ぶのは失礼である」と注意を即していますが、いまだ呼び続けており、シングルマザーで定期的な収入もなく、自分の翻訳本や執筆等で生計を立てている私としては、非常に迷惑な行為であり、看過できる問題ではありません。大学側としての見解をいただきたい。

To Prof. Ban, I have been repeatedly warning that his continued use of DEMARIN is extremely rude.  As for me, I am a single mother who has no regular income depending on only royalities, his impolite action is extremely annoying and I cannot overlook this problem.  I would like to have a comment from the University.

(PS. Even after the disclosure of this open question blog, Prof. Ban called me DEMARIN twice. See the bottom)

2.2番目の論点は、1番目よりもずっと大事な論点です。現在、福島では小児甲状腺がんが27人も見つかるという緊急事態にあるにもかかわらず、この@buveryこと、伴信彦教授は、いまだ安全論をふりまいています。

2. This second point is far more important than the first point.  Currently, there are 27 child thyroid cancer patients in Fukushima.  In spite of this urgent situation, Professor Ban (@buvery) is still spreading the false safety logic.

そしてエートスという汚染地帯の住民が、自発的に放射線量を測定したり、被曝線量を低減する方法を模索するなど、チェルノブイリ事故後ベラルーシで行われた、一見よく聞こえる政策を応援し、福島で行っています。

Professor Ban has been assisting and carrying out the program called ETHOS Fukushima.  ETHOS was once conducted in Belarus where residents in contaminated areas voluntarily measured radiation level to help decrease their radiation exposure after Chernobyl accident.

しかし、このエートスという政策は、チェルノブイリ後、なんと原子力推進組織であるアレバ社などが資金提供を行い、ジャック・ロシャールという人がリーダーとなって、ベラルーシで行った結果、健康な子供が2割を切ってしまったというとんでもない政策です。ロシャール氏はこの週末6,7日を含め、福島のエートスとも共同し、何度も来日しています。

However, this ETHOS program was lead by Mr. Jacque Rochard who obtained fund from French pro-nuclear organizations, such as AREVA and evantually, the rate of healthy child in these contaminated areas had been decreased less than 20%. Mr. Rochard has been cooperating Fukushima ETHOS visiting Japan number of times including July 6 and 7th in Fukushima.

このことについては、元WTOのミッシェル・フェルネックス医学博士が大々的に反対運動をしており、来日時、私は博士の通訳もさせてもらったこともあり、先日は欧州に博士を訪問させてもらいました。

Regarding ETHOS, Dr. Michele Fernex, the former WTO doctor, has been carrrying out movement against this, and I myself worked for him as an interpreter when he came to Japan in 2012 and visited him in May 2013.

お時間のある時にこちらの50分ほどの動画をご覧ください。チェルノブイリの子供たちの被害と、上記のフェルネックス博士が出てくる全国民必見の動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI

Please take a look at this 50 minute video depicting sick Chernobyl children and Dr. Fernex.  I think this video is a must-see movie for all the people in Japan now.
http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI


ちなみにこの動画の12分くらいで出てくるIAEAのゴンザレス博士と伴信彦教授はつながっており、事故前に記念撮影した写真もあります。



pic.twitter.com/EPzIbTATM1
Also, please pay attention to the photo where Professor Ban and IAEA Dr. Gonzales (12 minutes in the video) were together before the accident.

フェルネックス博士のエートス批判の8分ほどの動画はこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=2_oKtjnh52c&feature=yout

This 8-minute-video explains about ETHOS by Dr. Fernex.
http://www.youtube.com/watch?v=2_oKtjnh52c&feature=yout


以下は竹野内が書きましたチェルノブイリと福島のエートスについての日英の解説文です。私はこれをIAEAを含む国連の各部署に送りましたが、いまだに反論はひとつも来ていません。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_8310.html

The following is the ETHOS article I wrote and I sent the same to the various sections of the UN including IAEA, but I have never received any counterarguments so far.

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_8310.html

伴信彦教授は、ベラルーシで子供の健康を害したことが分かっているエートスを福島で推進しているメンバーの一人で、エートスのテキストもbuveryの名前で書いているのです。講演会では、もちろんご本人の名前を使いますが、ネット上ではbuveryという名でエートスの作業や、1に述べたツイッターでのエートス拡散やエートスを支持しない人々への誹謗中傷をしつこく行っているわけです。

Professor Ban is one of the supporting members of ETHOS which deteriorted childrens' health in Belarus and has written some of ETHOS texts himself using his nickname of @buvery (very strange.  Usually, people do not use such nickname for writing academic text.)  Furthermore, he uses his real name for attending official ETHOS related meetings and disseminates ETHOS information and gives malicious slanders to those who raise opposing voices against ETHOS.

ところが、つい先日、伴信彦氏は、実は「放射線による白血病の発症機構」という重大な論文を数年前に自ら書いていたことを知りました。それによれば、マウスを使った放射線の実験で、2番染色体上のSfpi1遺伝子が傷つき、同時に造血幹細胞が老化するという、遺伝子レベル、血液細胞レベルでの異変により、1~2年目くらいからマウスが白血病を発症するというメカニズムまでつきとめていたのです!!!
However, the other day, I was truly shocked to find that he had written on the mechanism of developing leukemia by radiation some years ago.  According to his papers, he had already found that radiation damages the gene Sfpi1 on chromosome No. 2 and promotes the aging process of hematopoietic stem cells, thus mouse could develop leukemia only after 1 or 2 years after irradiation!!

伴信彦氏の論文→
http://www.oita-nhs.ac.jp/member/cat5_top/cat193/cat351/post_20.html

Thesis written by Prof. Nobuhiko Ban

http://www.labome.org/expert/japan/oita/ban/nobuhiko-ban-572788.html

このようなすごい論文を自分で書いていながら、一方で汚染地帯に子供まで含んだ住民を居続けてよいものとするエートスを賛同する姿勢は倫理的に許されるものではないと思います。これは1の問題とは比較にならない、多くの住民の命と健康にかかわる問題です。

While, Professor Ban wrote a number of excelled thesis on radiation effects, he assistes ETHOS progam that allows even pregnant women and children to live in contaminated areas.  I truly believe what he is doing is ethically wrong and this issue is a one of the most grave character which could affect the health and lives of many residents , uncomparable to the question No. 1.

この件に関し、貴大学はどのような見解をお持ちですか?
On this issue, would your university have any views or insights?

***************************


2点の要件を言い終わった後の人事課アサイ氏と竹野内の会話

Coversation between Mr. Asai (A), Management and Personnel Section, Tokyo Healthcare University and Mari Takenouchi (M)after raising the above 2 points. 


アサイ氏「そういう問題は大学とは関係ないのでは?これに見解を大学として出すのは難しいです」

A: I am afraid this issue is not related to our university.  It would be difficult to give our view as university.

私「ということは貴大学はノーコメントということですか?私はブログをやっています。今回の件はすべて公開でやらせていただきますよ」

M: So you mean no comment from your university. By the way, I am writing my own blogs and I will disclose all the communication between you and me.

アサイ氏「いや、私が決めれることではないですし、大学としては・・・」

A: Well, I cannot decide on this myself, and our university is...

私「もちろんです。ですから、この話を内容含め、伴氏と大学に伝えていただき、そのあと、ノーコメントとするのかどうするのか、ご判断すればいいのです。大学は、おおいに関係ありますよ。このような人物が教授という職にいられるという事実自体が、学術界の腐敗を示していると思います。」

M: Of course you cannot.  Therefore, I would like your University to decide after you convey my messages to both Prof. Ban and the university office and then they can decide whether they will make any comment. 

I think your Univeristy is quite involved in this issue. The mere fact that Mr. Ban can keep the position as the professor shows some corruption of your academic society itself.

アサイ氏「そうお宅様の意見ばかり一方的に言われても。こちらの見解もあると思いますし・・・」

A: I cannot take only the opinions from your side, I think there are other views from our side.

私「ですから、ネットで検索して、調べてください。buvery、デマリンで見ればたくさん出てきます。私の言っていることと伴信彦氏が言っていることをきっちり突き合せて検討してください。」

M: Therefore, please make investigation yourself.  If you search for "buvery" and "DEMARIN(デマリン)," you can see a lot of information.  After looking at both sides, please make your decision.

アサイ氏「とにかく電話と内容は伝えさせていただきます。失礼します。」

A: I will convey your messages in any case. Let me excuse myself.


追記:
Post Script

この公開質問状を出した翌7月6日にも、相変わらず伴信彦氏は、このようなツイートを発信しています。
On July 6th, the following day of July 5th when I made this phone call, Professor Ban was tweeting as follows.

buvery 2時間
クソデマババァはやめましょう。デマリンくらいで良いのじゃないかな。

@buvery "Maybe better to stop calling her as Shitty Demagogue Old Woman, I think DEMARIN is quite adequate for her."

buvery@buvery 7月6日
ふぉろーの関係が混乱してきたので、整理しようと思いました。今のところ一番便利なのは、 ブロックリストも同時に整理しました。デマリンももうブロックしてもよい時期なのでブロックしておきました。

@buvery: I have now complicated relationships with my twitter followers, ....therefore, I blocked DEMARIN since it was a good time.

buvery@buvery 7月25日
引っ越したおばさんか、デマリンはいかがでしょうか。RT : あとTimeLINEで度々流れる沖縄のおばちゃんとか、沖縄の人という隠語は、沖縄の人達に失礼な気がする…

buvery@buvery 7月27日
ソトン233、デマリン266、黄色288、オノデキタ365、プリン394、東海アマ635、きっこ1054だから、デマ系は一桁二桁上。

7月12日、buvery伴信彦がエートス代表の安藤量子(本名鎌田陽子)とともに、竹野内ともうひとりのエートス反対者を訴える画策!訴えたいのはこちらなのに!!→

@buvery刑事告訴は標的を選定して行います。来週には警察と相談ですね。あんどーさんも十分我慢したと思うよ。RT : 安東さんはもし警察に行くんだったら、竹野内とカレイドスコープのブログを証拠としてもっていくべきだなあ。

ご参考:エートス側が告発の対象としようとしている→

竹野内のブログ
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_8310.html

カレイドスコープ氏のブログ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1498.html

もう一度言いますが、訴えたいのは、こちら側です!!!


*以下のボタン、ツイート拡散に使えます。ポインターをtに持って行くと色が水色に変わりますので押して下さい。